格安SIM

格安SIMってなんのことだろう?

格安SIMって今どきすばらしく聞くけど、あまり意味がわからない。

 

普通のケータイを使うのとどう違うの?マイナスはないの?

 

などのヒヤリングについて詳しく注記します。

 

SIM画像

 

格安SIMって? 格安SIMはなぜ安っぽいの?

 

格安SIMとは「格安SIM(仮定隔たりカラダ報せ法人)」と呼ばれる法人の発行するSIMカードや、そのサービスを指して格安SIMと叫ぶことが多いです。格安SIMは有名転職に比べるとバックボーン料金がとても安いのが一番の特徴です。

 

SIMカードって何?

 

タブレットテレフォンやスマホの中にはSIMカードが入っており、このSIMカードによって参加転職の内容や電話などをマネジメントします。このSIMカードの中には報せに必要な内容は集大成含まれています。そのため同じ転職やSIMロックの解除された端末なら、SIMカードを切り替えるだけでWEBや電話を行う事が可能です。(※格安SIMに入替た場合はANPセットアップなどが必要です)

 

格安SIMはなぜ低いの?

 

格安SIMは弊社で報せインフラ(報せ基地番組程度)を持たず、有名転職(au・Docomo)などの他社から報せインフラを借り受けています。その為、報せのインフラに要る費用が乏しい事が、格安SIMが安くサービスを提供できる一番の理由です。

 

他にも、有名転職のように実ランチタイムを数多く持たない結果、ランチタイムマネージメント等の費用が安くなる事も代価を治める実例のできる理由です。しかし、その反面実ランチタイムが少ないため面談でのきめ細やかな処遇は期待する事が出来ません。

 

au系格安SIMって何?

 

格安SIMは有名転職の回線を借り受けて報せを行っていますが、借り受け元の転職がauでau回線を使って報せやる格安SIMをau系格安SIMと呼びます。

 

docomoの回線を使用して報せを行う格安SIMは、docomo系格安SIMと呼ばれます。

 

SIMロック任意って何? SIMロックがかかったままでも格安SIMは使える?

 

転職で購入した端末にはその転職の内容が入っており、別の転職のSIMを刺しても報せを行う事が出来ない様にロックがかかっています。

 

これを解除するのがSIMロック任意です。

 

SIMロックの取り消しは役目化された結果、新しい種別は一定期間が経過するとSIMロックの取り消しを行う事が出来ますが、古い端末ではこのSIMロックを取り消しできないものがあります。

 

かといって、そうそうケータイを買い換える主旨にもいかないので、SIMロックのかかったままの端末で格安SIMを利用したいものです。そこでこのSIMロックのかかったままの端末で格安SIMを使用する場合には、端末とSIMの通信回線を方向づける入り用が出てきます。

 

auの端末ならau系格安SIM(mineo・UQ mobile)、docomoの端末ならdocomo系格安SIM(mineo・OCNモバイルONE・IIJmio・DMM mobile程度)を選択する必要があります。(※mineoはオールマイティー転職なのでau回線・docomo回線を選択する事が出来ます。)

 

只今au端末を使用しているやつは、SIMロックの取り消しなど煩わしい手続きを踏まなくてもau系格安SIM(mineo・UQ mobile)にならMNP移行する事が出来るという訳です。

 

格安SIMで出来ない事はないの? マイナスは?

 

有名転職と格安SIMでは、報せに関する部分ではやれる実例にさほど違いはありません。

 

但し、有名転職に比べて出来ない事も存在します。

 

転職メルアドが使えない

 

格安SIMに移行すると@ezweb.ne.jp等の転職メルアドが使えなくなります。電話については引き続き同じ番号を使用する事が出来ますが、転職メルアドに関しては格安SIMに移転すると使用する事ができなくなります。格安SIM各社の用意したメールを新たに使う事も出来るのですが、また転職を移動するときの事を考えるとGmail等のメルアドサービスを管理をしたほうが利便性が高いです。

 

電話のかけ放題の企てがない

 

格安SIMに移転するとスマホのバックボーン対価はもっと安くなりますが、電話のかけ放題等の企てはありません。(※只今少しずつ処遇が始まっています)

 

050で始まるIPテレフォンアプリケーションやライン・Skype等のサービスを賢く使えば電話対価を統べる事が出来るので、それほど気にする事はありません。しかし、仕事の関係上どうしても通常の電話での電話が多くなるやつなどは逆に割高になってしまう可能性があります。

 

スマホを使ったラインでのIDサーチが出来ない

 

転職の歳認証メカニズムが使えない結果、スマホ使用時のラインでのIDサーチが出来なくなります。格安SIMに移行するとメールやSMSを利用してフレンドリクエストをする事になりますが、PCでラインを起動するとIDサーチを行う事が可能です。

 

転職で用意された決断処遇が使えない

 

au決断など、電話ボリュームと一緒に請求される品種の決断処遇が使えなくなります。

 

これらの体験を知らないで格安SIMに移転すると災難に合いますが、あらかじめ変化をしていると更に問題はありません。格安SIMに移行する際に、これらの処遇が使えなくなっても問題がないか確認してから移行するようにしましょう。

 

今まで使ってた電話を助かるの?

 

今まで有名転職で使用していた電話は問題なく引き継ぐ事が出来ます。

 

2006階層に始まったMNP(モバイルナンバーポータビリティー)というプロセスを利用し、格安SIM各社に現在の電話を引き継ぐ事が出来るようになっています。

 

MNP移行を行う際は、元の転職からMNPブッキング番号を発行して貰う必要があります。

 

⇒au系格安SIMのMNP移行メソッド

 

報せ住所は安穏?

 

報せ住所については、au系の格安SIM(mineo・UQ mobile)の場合はauとおんなじ報せ網を利用している結果、報せ電波の陥る幅も同じになります。

 

auの電波が賢く届かない地域などでは、au系の格安SIMも上手く電波を捕まえる事が出来ません。

 

格安SIMについてのまとめ

 

格安SIMはほとんどの方のケータイ料金がもっと後ずさるお得な処遇ですが、その反面電話料金が厳しいなどのマイナスもあります。

 

格安SIMに移行する際はこの辺りを素晴らしく検討してから移行するといいですね。