とあるアクビノ植物の育て方や花言葉

除虫菊とは?除虫菊の花ことばについて

除虫菊という花を知っているでしょうか?この除虫菊、見た目はとても優雅なのですが、実はこの花にはある特徴があります。

 

そうです、その名前の通り花の部分に殺虫成分ピレトリンを含む植物なんです。このピレトリンは現在蚊取り線香に使われているピレスロイドの元になった有効な成分なんですよ。

 

この除虫菊をKINCHOの創始者がアメリカの貿易会社から譲り受け、研究を重ねて線香に塗りこんだのが蚊取り線香です。蚊取り線香は今では日本の夏の風物詩とも言えるものですが、この優雅な花から有効成分を取り出して作られたものだと知っている方は少ないかもしれません。

 

除虫菊の花ことば

では、虫除け・殺虫に大活躍のこの除虫菊の花ことばは一体なんでしょうか?

 

除虫菊の花ことばは「忍ぶ恋」

 

昆虫が優雅な除虫菊に見とれて、近づきたいが近づけない。そんな場面から連想された言葉なのかもしれませんね。

 

この除虫菊とは白除虫菊を指しますが、他にも花がピンクに彩られた赤花除虫菊という植物も存在します。とても綺麗な花ですが、こちらには白除虫菊のような殺虫成分はほどんど含まれていないのではないかと言われております。

 

除虫菊は多年草で比較的育てやすい花です。マーガレットにも似たとても綺麗な花が咲きますので、観賞用に育ててみるのも良いかもしれませんね。ただし、除虫菊の虫除け効果は自信を守る程度でしかないため、ガーデニング時の虫除け対策として植えるには他の虫の嫌がるにおいを出すハーブなどのほうが優れているかもしれませんね。

 

https://蚊対策.jp